答えはいつも人の中に。

こんにちは。栃木県那須塩原市の美容室「hairsalon iLii西那須野」で美容師をしている岡田です。

先週19.20日の土日は東京へサロンワークへ向かうのでサロンはお休みさせていただきました。

東京へ向かう理由や今年のiLiiが進むべき方向性みたいなものを先日ブログに書きました。

http://ilii-hair.com/blog/278

ですが、サロンをお休みしてしまうことに対しては、その日に来れないお客様のことを考えると申し訳ない気持ちがあります。

その分、またひとつパワーアップして帰ってきたと自分なりに感じているので、楽しみにしていてください。

お休みいただきありがとうございました。

自分をよく見せる為に他者を下げるな

iLiiのある場所、栃木県の那須塩原市や近辺の大田原市にもヘアサロンがたくさんあります。

その中で、iLiiを選んでくださり、足を運んでくださるお客様には感謝しかありません。

以前も自分たちのあり方・考え方については過去のブログ記事に書きましたが、僕たちは他のサロンを悪く言ったり、前回施述した他の美容師のことを悪くいったりすることはありません。

その理由は何度も言っていますが、目の前のお客さまがiLiiを選んでくださった限り、

僕たちのすることは来て下さった「目の前のお客様を力の限り綺麗にすること」であり、他のサロンがどうあるかに関しての方針や考え方などは僕には関係のないことです。

そして、「自分をよく見せるために他者を下げる」ことをあまり格好いいものではないと考えています。

もちろん、お客様がよく分からない事でもプロの目から見て良いことや悪いことは分かります。

ただ、それをお客様に伝えて自分をよく見せることが、自分たちiLiiにとって理想の美容師としてのあり方ではありません。

自分にとって良いサロンかどうかはお客様が選ぶことであり、iLiiもまたそうしてお客様に選ばれるサロンでありたいと考えています。

自分が選ばれる為に自ら他者を下げることなく、自分たちが真剣に美容に向き合ってさえいれば、その思いはお客様に届くと信じ、今自分ができる限りの事をするだけです。

それが、僕たちのお客様への誠意であり、信頼であると考えます。

信頼関係を築くために

 

世の中が不安定で、移り変わりの多いものだからこそ、iLiiは今まで以上にお客様との「信頼関係」というものが大切だと考えます。

それは、女性にとって、美容師に預けているヘアスタイルも同じです。

「髪は女の命」だという言葉が示す通り、女性にとって最も大切なものを預かっているということを僕たちは常に頭に入れておかなければなりません。

だからiLiiは完全予約制のマンツーマンのスタイルを選び、髪を安心して任せていただける様にしています。

サロンにいるお客様一人のゆったりと施述の受けられる時間や、落ち着いた空間もiLiiの大事にしている「商品」です。

それは、忙しい毎日を過ごすお客様にとって「サロンにいる時間くらいは過ごしていただきたい」という僕たちの願いでもあります。

サロンで施すヘアスタイルのみならず、美容師とゆっくり相談できる時間、一人でゆっくり出来る時間や、美味しい紅茶を飲みながらのんびりする時間や空間にも、お金を払っていただいていると思っています。

それが僕たちの提供させていただいているiLiiとして「心」の部分。

一人一人のお客様を家族の様に大切に思う気持ちです。

特に初めての方にはいきなり信用してもらうことが難しいため、そういった信頼関係を築くことを疎かにすることなく、

出来上がりのヘアスタイルではなく、しっかりとお客さま自身に向き合うことを大事にしています。

答えはいつも「人」の中にある。

 

美容師だからと言って、ヘアスタイルばかり見ていてはいけません。

その人の「思い」に目を向けなければ本当の意味での「似合うヘアスタイル」というものは叶いません。

なぜ切りたいのか、

なぜ染めたいのか、

本当はどうありたいのか、

本当はどうなりたいのか、

そう言ったお客様の形にならないイメージや思いを、ハサミやハケで形にするのが美容師の仕事です。

だから、「人」を知る必要がある。

やりたいヘアスタイルに答えがあるんじゃなく、いつも人の中に答えがある。

その思いを一つ一つ確実に叶えていくために、今年もiLiiは精進します。

あなたにも形にならない思いがあるなら、どうか聞かせてください。

 

それでは。

代表 岡田彰大

関連記事

  1. 「嫌い」と「知らない」を一緒にしてはいけない

  2. 10月、本当にありがとうございました!

  3. hairsalon iLiiがOPENしました!

  4. 目の前の一人のためだけに

  5. 美容師としてある前に人としてのあるべき

  6. いよいよサロンの内装工事の着工です!