オープンして半年が過ぎようとしています。

こんにちは。栃木県那須塩原市の美容室hairsalon iLii 西那須野で美容師をしている岡田です。

サロンをオープンして半年が過ぎようとしています。

この半年間を振り返って見ると決して順風満帆とはいかず、表に出しているよりも大変なことがたくさんあって、

ここに書かないこともいろいろなことがありましたが、それを差し引いてもお客様には感謝しかありません。

こういったサロンのブログとして代表としての思いみたいなものを書くのはどうかという意見もありますが、僕は書きます。

いろいろな意見も飲み込んで、それでも書く。それには自分なりの理由があります。

思いを伝える。表現する。

「言わなくてもわかるでしょ」

というのは日本の侘び寂びの文化でもあり、阿吽というのでしょうか、

ただ、その文化を軽視しているわけではありませんし、いつかそうなりたいと思っていますが、現時点の僕は自分の思っていることは口に出したり、表現しないと他人に伝わらないと思っています。

それもこれも、僕が「言われなくても理解できる」様な出来た人間じゃないからなのですが、、、

もちろん、理解できる様に努力もしますし、自分の頭で考えるけど、現時点ではそれでもやっぱりわからないこともある。

自分は他人が何を言いたいのか100%を理解することは不可能な人間だと思うから、せめて僕は自分のことを知ったもらいたいから自分の思いを言葉にして表現をしようと思っています。

だから、自分の言葉にして思っていることをここのブログにも残しています。

自分がどんな人間であるか、自分がどんなことを思っているか、それを包み隠さずにありのままに書いています。

それは、自分に正直で「誠実」でありたいという思いでもあります。裏表がない人間でありたいという自分自身の願いでもあります。

それでもまだまだ人間としては未熟だから他人に迷惑をかけることも多いけど、それが僕の「今を生きる」という精一杯の生き方だと思って生きてます。

だから、お客様やスタッフに対しても、全ては伝えられないかもしれないけど、思ったことを言える様な環境や雰囲気作りは作りたいなって思うんです。

誰が人を育てるのか

一人でサロンをやっていると、いい意味では自分の思い描く通りのサロンを作ることが出来ます。

サロンを作る側にとっては自分の思い通りに仕事が出来てそれは納得できる環境かもしれません。

でも、お客様にとってそれが納得できる環境かどうかはまた別なのかなとも思います。

そして、良くも悪くも自分の想像の範囲を越えてはいかないんだろうなと思っています。

僕も美容学校の講師として教育に携わる身でもありますが、人を育てるというのは決して簡単なことではありません。

そして、僕は自分の経験してきたことしか教えることが出来ない。わかった様なフリをして教えることが一番危険なことだと思っているから。

だから、教育を考えるにあたっては教える側の人間の幅を増やしていく必要があると考えています。

新しいことをしたいなら自らが体を張って新しいことをやっていく必要がある。

失敗したとしても、なぜ失敗したのかを考え、どういう様にしたら自分と同じ失敗をしない様になるかを整える。

そういったことを僕はこれまでやってきたし、これからもやっていく必要があります。

そして、それが人が育つ環境を整えていく事にもなると信じています。

なぜそんなことをする必要があるかというと、僕はiLiiを「人生を変えるサロン」にしたいから。

人が環境を変えるのではなく、環境が人を変えると思っているからでもあります。

お客様がサロンを育てる

iLIiは、実際に通っていただいたお客様によってここまで成長してきました。

サロンに足を運んでいただくお客様がいるからこそ、僕たちの存在意義があります。

代表の僕がサロンやスタッフを育てるのではなく、サロンに通っていただくお客様がサロンを育ててくれていると思っています。

美容師として長く生きている人間がサロンを運営すると、どうしても視野が狭くなってしまっていたり、美容師目線でしか考えられなかったりすることがあります。

そして、それこそがサロンやスタッフの成長を妨げてしまう。

本来はあってはならないことですが、自分たちが「お客様のため」にと思うことが、実際には「自分たちのため」になってしまっていたり、お客様のためでもなんでもないことがあるんです。

自分の中の自信や拘りや経験やプライドが邪魔になっていることもあると思うんです。

プライドを持つことは悪いことだとは思いませんが、お客様との温度の違いを感じられないのは悪いことだと僕は思います。

お客様のためにならない、人の役に立たない、そんなプライドなら僕には必要ありません。

人の役に立つこと

僕は美容を通して、iLiiを通して、人の役に立つことが目標です。

美容の業を施し、人を笑顔にし、人生を明るいものにすることが美容師の使命です。

ではサロンの使命とは?iLiiの使命とは?僕たちの使命とは?

答えはいつも人の中にあります。

それはお客様をはじめとした、そこで働くスタッフ、スタッフの家族、そして広い意味での地域の方々への貢献。

果たして僕たちは皆さんの役に立てているでしょうか?

まだまだ至らないところが多いと思いますが、僕は何か皆さんの人生のお役に立てたらと思っています。

サロンがオープンして半年が過ぎようとしています。

半年前にはサロンには何もありませんでした。

半年の間にiLiiに足を運んでくださるお客様が、ただの美容師だった僕を代表として、駆け出しのサロンを予約の取りにくいサロンへと育ててくれました。

オープン前から今まで、育ててくださった大きな感謝を胸に、iLiiはこれからもたくさんの方々の心の拠り所となれるサロンを目指していきます。

iLiiは、美容室だからといってヘアスタイルだけが売り物ではありません。

僕が大切にしていくのはいつも、そこに集まる人の心です。今までも、そしてこれからも、それは変わることはありません。

半年という一つの節目として、一つの指標としてここに残します。

いつもありがとうございます。

そして、これからもhairsalon iLiiをどうぞよろしくお願いいたします。

それでは。

hairsalon iLii 代表 岡田 彰大

関連記事

  1. 目の前の一人のためだけに

  2. 外国人風カラーのベースの作り方(iLiiのハイライト)

  3. コロナ禍でのご予約・お問い合わせに関しまして

  4. 1周年を目前にして

  5. カットで勝負できないと、一生B級

  6. 6月よりスタッフが増えることとなりました。