人生は美しい

こんにちは。栃木県那須塩原市の美容室hairsalon iLii 西那須野で美容師をしている岡田です。

オープンして9ヶ月目になりますが、最近になって昔の友人がサロンに来ることもあって、嬉しい限りです。

サロンに来てくれて、久々に会って話をして、髪を切りながら会わなかった日々のこと、人生の事を、お互いに歳を重ねて子供の頃よりも少しはまともに話せるようになって

いろんなことを、髪を切りながら話しています。

スタートラインはいつだって同じ

今回髪を切りに来てくれたのは中学校の頃の友人なんだけど、

僕が美容師になると決めたのは中学生の頃でした。

僕には兄がいて、僕は次男ということもあり、家には兄が入ることに決まっていたし、「自分でやりたい事を見つけて自分で生きる道を見つけなさい」って親から言われて育ちました。

中学生で自分の人生を決めなければいけないということは子供にとっては酷なことだけど、たまたま美容師ブームが起こっていたこともあり、

「東京に行ってカリスマ美容師になる」

ということを15歳の時に決めました。

今思えば安直な決断だったけど、実際に僕は高校を卒業後すぐに東京で美容師になって、「カリスマ」かどうかはわからないけど、

コンテストに入賞することや雑誌に乗ること、日本で5本の指に入る美容師になることや、TVに出ること等、人に教えられる立場になる事、、、子供の頃に抱いた夢は全て叶えました。

中学校の頃の友達はいまでも気兼ねなく話が出来て、美味しいお酒が飲める貴重な存在だけど、

そんな中学生の頃を一緒に過ごした友達の髪をこうして担当できるのはなんだか感慨深いものがあって、

自分がやって来た事が誰かの役に立つっていうことが、なんだか不思議な感覚があります。

 

僕はそんな風にして中学生の頃に自分の人生を決めて来たけど、高校にいかずに就職する人もいれば、大学に行ってから就職する人もいたり、家業を継いだりしている人たちもいて、

当たり前だけどスタートラインは一緒でも、そこから何を選択するかってことで人生は変わって行くものです。

そしてまだ今は人生の途中で半分も折り返してもいないけど、中間地点でまた出会えて、会わない間のことや、これからの未来のことなんかも話をしたり、

自分たちがある程度生きて人に影響を与えられる力がある程度ついて来た今、僕と君島みたいに、同級生同士でまた一緒になって新しいことを始めようとしていたり、

これからの未来を自分たちの力で変えようとしていたり、友人たちとの話の中でもそういう形が出始めてきていて、

今の年代になって人生にまた違った面白さを感じています。

それでも人生は美しい

もちろん、生きていれば楽しいことばかりではなく、辛い事もあって

例えば今まで当たり前だったものが当たり前じゃなくなる日というものが

望まなくてもそれは急にやって来たりするものです。

立ち直れないほどの辛い苦しみの中にいても、それでも、いまを一生懸命生きていればいつか光はさすし、彩りも取り戻せる。

笑って生きている人でも、苦痛を見せない人でも、生きてりゃ誰でも大なり小なり、いろんな事を抱えて生きてる。

その数々の痛みや苦しみも全てのみ込んで、

それでも笑って生きている人の人生は美しい。

辛いことがあって、希望さえも見えなくなりそうな人がいたら

僕たちのサロンに来て欲しい。

そんな人たちにも、元気を与えられるような、希望を与えられるような、

たくさんの笑いと希望の絶えないサロンにしたいと僕は思う。

このサロンに集まる人たちには、眩しいほどに、輝く人生を送って欲しいと思う。

僕たち美容師には髪を切ったり、染めたりする事しか出来ない。

髪をバッサリ切ったからって、カラーを変えたからって、長く生きていた人の人生はそう簡単に変わらない。

そんな事自分たちが一番わかってる。

だけど、

僕たちが手を施したヘアスタイルを纏ったあなたが、誰かに褒められたり、キレイだねって言われたり、カワイイねって言われたりして、

あなたが照れながらでもニコって微笑んでくれる、そういうキッカケなら作る事ができるかもしれない。

それであなたが昨日よりも前を向いて生きられたとき、そこで初めて人生は変わって行く。

それであなたが昨日より前を向いて生きられるなら、僕はこの仕事について、このサロンを作って良かったって誇りに思えるよ。

 

美しい人生を。送ろう。

 

それでは。

岡田 彰大

関連記事

  1. ウソをつく事

  2. オイルで髪が染まる!?【イノアカラー】の登場です

  3. どうかあなたらしい生き方を

  4. 専門学校のコース授業を終えて

  5. iLiiが本日2周年を迎えることができました

  6. 教え子たちへ贈る言葉