1周年を目前にして

こんにちは。栃木県那須塩原市の美容室hairsalon iLii 西那須野で美容師をしている岡田です。

今月の28日で、このサロンを立ち上げてから1周年となります。

サロンを始めた時にはお客様が全くいない状態からのスタートだったので、1周年を迎えられるかどうかもわからない状態でしたが

サロンができてから、なんとかひと月ずつ全力で乗り越えることを11回、

この度9月を迎えることが出来て、このままいけば1周年を迎えることが出来そうです。

この1年を振り返ると不安や迷いが常につきまとい、払拭する材料もない状態から始まり、それを忘れるために常に動き行動しながら走って来た1年間でした。

今月でめでたく1周年を迎えられそうですが、まだ1周年を迎えたわけではないので、そのことに関しては別の機会に書こうと思うのですが

先の見えない暗闇の中を走っているような感覚で過ごした1年間の終わりに、なんとか1周年の光が見えて来たことが素直に嬉しく思えます

明るい未来を創造するために

今、1周年の企画を色々と考えている最中です。

それは1周年を迎えることが出来た事の感謝を、支えてくださった方々と共有できるものを、感謝を込めてお渡ししたいなと思って作っています。

色々案があって、試行錯誤している最中なのだけれど、感謝の気持ちを伝えるにもいろんな手段や方法があって、

割引や値引きのサービスなんかは分かりやすいバリューの一つだと思うのだけれど、

うちのサロンに来ていただいているお客様にとって、それは失礼にもなるのかなと思い、何か違う形でないかなぁって考えてます。

新米サロンの分際でおこがましいけれど、それは、どこにでも誰にでもできる簡単な値引きをすることよりも、

自分たちが成長して、値段を超えるサービスや技術が提供できるサロンになることの方が難しく、でもだからこそ価値がある。

他のサロンでは満足できない部分にバリューを感じて、お客様にはうちのサロンを選んでいただいているはずだから

その期待に応えられるような取り組みや形で、喜んでもらえるようなものが何かないかなって考えています。

今思う一番の理想の形は、お客様のより良い未来を一緒に創造していくために、僕たちのサロンがお客様と共に成長することで

出来たばかりのサロンに始めから通ってくださっている方としか味わうことの出来ない体験を一緒にしたい。

それは、子供から大人になるまでの成長を共に過ごした親のような感覚なのかもしれないけれど、

いつか僕たちが地域を代表するまでのサロンとなって、予約の取れないくらい繁盛するサロンになって、

何もなかったサロンがいつかそうなるまでの、それまで一緒に過ごした日々のストーリーを、

自分がここまで育てたんだって、最初から通ってたんだって、いつか自慢してもらえるようなサロンになれればと思ってます。

サロンを始めた頃、先も見えない時に、僕はサロンに足を運んでくださる方々のために生きることが全てでした。

一人で苦しい時や悩んだ時に、その方々が笑ってくれたから腐らずになんとか今日までやってこれました。

そんな日々の繰り返しでなんとかこうして1周年を迎えられそうだけれど、

今度はそんな頃を支えてくださったお客様のライフスタイルを支えられるように。って、そうなれるといいなって思います。

 

僕はスタッフやお客様が今大事にしているものを大事にしたいけど

できれば僕たちと出会ったことで今よりいいものを、いいヘアスタイルを、いいライフスタイルを送ってもらえるように

今よりもっと明るい未来が、新たな世界が広がっていければいいなと、思っています。

 

皆様への感謝の思いがどんな形になるかまだわかりませんが、今日から1ヶ月、楽しんでいきましょう。

今月もどうぞよろしくお願いします!

 

それでは。

代表 岡田 彰大

関連記事

  1. 働き方と人のあり方

  2. hairsalon iLiiの公式LINEができました。

  3. iLiiの厄払いをしてもらいました。

  4. 保険の打ち合わせをしてきました

  5. 夢を諦めるとき

  6. オープンして半年が過ぎようとしています。